03-6426-8552

都営地下鉄浅草線「戸越駅」
A3出口すぐ

キーヴィジュアル

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドローム画像

加齢などの原因によって運動器に障害が起き、そのことで移動機能が低下、これにより要介護にある、もしくは要介護となるリスクの高い状態をロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)と言います。

なかでも筋量の低下(サルコペニア)、関節や脊椎の変性(変形性膝関節症、変形性脊椎症)、骨粗しょう症(骨量の減少)といった病気を発症すると歩行障害などが起きやすく、やがて要支援、要介護状態(いわゆるロコモ)を招く可能性が高くなります。

なお運動器の機能低下とは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板などのいずれか、あるいは複数に障害が起きることで、「立つ」、「歩く」といった機能が低下している状態です。症状が進行するとやがて日常生活にも支障をきたすようになり、早ければ50代からロコモの可能性を指摘されることもあります。そのため、いつまでも自分自身の足で歩き続けるためには、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが必要なのです。なおロコモティブシンドロームは、「メタボリックシンドローム(メタボ)」や「認知症」と合わせて、「健康寿命の短縮」や「寝たきり、要介護状態」の3大要因のひとつに数えられています。

ロコモ防止には運動が大事

ロコモになりやすい原因として考えられているのが、「不適切な生活習慣」、「加齢老化」、「運動の過不足」と言われており、その中でも健康寿命(心身ともに自立し、健康的に生活できる期間)を延ばすのに最も有効とされているのが運動療法です。

運動には、支える力、曲がる衝撃を吸収する力、動かす力が鍛えられるとされ、これらを得ることで、骨粗しょう症、関節症、脊椎疾患といったロコモティブシンドロームになりやすいとされる病気の予防や治療になるほか、筋力や運動神経も維持できるようになります。

当院では、ロコモの原因となる疾患がある場合はその治療を行います。また、歩行障害の症状がある患者様には、ご自身の足でいつまでも歩き続けられるよう、運動器を鍛えるためのロコモーショントレーニング(略称:ロコトレ)を行っています。主な内容につきましては、お気軽にお問い合わせください。

ロコモ度をチェック

運動器が衰えている気がする、バランス機能が低下しているようでつまずきやすくなったといったことを感じている方は、日本整形外科学会が公認しているロコモティブシンドローム予防啓発公式サイトにある「ロコチェック」をご参照ください。7つある項目のうち、ひとつでも該当するものがあれば、ロコモティブシンドロームが疑われます。1つ以上あるという方は、ゼロを目指すべく当院にてロコトレを行っていきましょう。なお7つの項目とは以下の表の通りです。

  • 片脚立ちで靴下がはけない
  • 家の中でつまずいたり滑ったりする
  • 階段を上るのに手すりが必要である
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない
  • 15分くらい続けて歩けない
  • 2㎏程度の買い物(1リットルの牛乳パック2個程度)をして持ち帰るのが困難である
  • 家の中のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難である。

とごし整形外科&手のクリニック

診療科目
整形外科
院長名
池田 純
住所
東京都品川区平塚1-7-7MYビル1階
アクセス
都営地下鉄浅草線「戸越駅」
A3出口すぐ
東急池上線「戸越銀座駅」より徒歩2分
東急大井町線「戸越公園駅」より徒歩6分
電話番号
03-6426-8552

診療時間

日・祝
09:00~12:30
15:00~18:30

休診日:日曜・祝日
※木曜日の午後は昭和大学病院にて、診療・手術を行っております。