03-6426-8552

都営地下鉄浅草線「戸越駅」
A3出口すぐ

キーヴィジュアル

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科とは

スポーツ整形外科画像

スポーツによって起きた運動器の損傷が対象になります。

なおスポーツ損傷と一口に言いましても、スポーツ外傷とスポーツ障害の2つに分類されます。前者はスポーツ中に生じた外力による組織の損傷のことで、後者は過度な負荷を長期的に繰り返されることで起きた損傷になります。当診療科では、これらの損傷を各競技種目による傷害の特殊性も踏まえながら治療します。なかでも成長期のスポーツ選手の場合は、骨や筋肉などが損傷しやすい言われており、慎重に治療します。

またスポーツ整形外科では、ケガの再発を防止するためのリハビリテーションとして、スポーツ障害の患者様を対象にした運動療法プログラム(筋力強化、ストレッチング、運動動作指導 など)も行っています。このように当院では治療だけではなく、障害の予防につきましても、それぞれの患者様のスポーツ活動を支援していきます。

スポーツ損傷によって発生する主な組織損傷

スポーツ外傷
骨折、腱断裂、靭帯損傷、肉離れ、筋断裂、筋挫傷 など
スポーツ障害
疲労骨折、骨の変形、腱周囲炎、腱鞘炎、関節炎、関節の不安定性、習慣性脱臼、筋炎 など

部位別によるスポーツ損傷の一例

部位 スポーツ外傷 スポーツ障害
頚部 頚部の(頚髄、頚椎)損傷
肩・上腕 投球骨折 野球肩、上腕二頭筋長頭腱障害、肩峰下インピンジメント症候群
胸部 助骨疲労骨折
肘関節、前腕 野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、離断性骨軟骨炎、尺骨疲労骨折
手、指 スキーヤー母指、槌指
腰部 脊椎分離症
骨盤、股関節 骨盤裂離骨折 坐骨結節骨端症、骨盤疲労骨折、大腿骨頸部疲労骨折
脚の筋肉 肉離れ・筋断裂、筋挫傷
膝・下腿 半月板損傷、膝十字靭帯損傷、膝蓋骨脱臼 ジャンパー膝、ランナー膝、腸頸靭帯炎、鵞足炎、シンスプリント、オスグッド・シュラッター病、脛骨疲労骨折、腓骨疲労骨折
アキレス腱断裂、足関節靭帯損傷 アキレス腱周囲炎、足底腱膜炎、中足骨疲労骨折、踵骨疲労骨折

とごし整形外科&手のクリニック

診療科目
整形外科
院長名
池田 純
住所
東京都品川区平塚1-7-7MYビル1階
アクセス
都営地下鉄浅草線「戸越駅」
A3出口すぐ
東急池上線「戸越銀座駅」より徒歩2分
東急大井町線「戸越公園駅」より徒歩6分
電話番号
03-6426-8552

診療時間

日・祝
09:00~12:30
15:00~18:30

休診日:日曜・祝日
※木曜日の午後は昭和大学病院にて、診療・手術を行っております。